いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

息子のために模型飛行機を作る。工作好きは遺伝したか

f:id:igatak:20190711081646j:plain

ゴム動力飛行機を初めて作りました。

長男の幼稚園の運動会で「誰の飛行機が一番長く飛べるかな~?」みたいな競技があるので、そのための飛行機です。

こんなヤツです。 

 

軽ーい気持ちで「上級者向け」を買ったんですが、、、

作るの難しい! すごい難しい!!

プラモデルみたいに切って組み立てるだけじゃないんです。

竹ヒゴを曲げて調整したり、紙を切って貼り付けたり。

 

長男は私のジャマをしないように良い子にしてたんですが、次男が。。。

いきなり部品を手にとって「ボキッ!」って。

真っ二つに折ってくれました(汗)

木の部品なので木工用ボンドで補修したのですが、ホント、やってくれます。

 

出来上がってからさっそく飛ばしたんですが、これがまた飛ばない(悲)

重心を調節したり、羽の角度を変えたり、投げ方を工夫したり。

で、いろいろやっているうちに、動力のゴムが切れてしまいました。

巻きすぎたかな?

子供はオロオロして「大丈夫?壊れたの?」って。

私は子供を安心させるために「大丈夫だよー ぜんぜん壊れてないよ」と言ったのですが、どうみても壊れてるし。

後日、動力ゴムだけを買い直して事なきを得たのですが、ちょっと焦りました(笑)

 

工作好きなんで、組み立てるのは四苦八苦しながらも楽しめたのですが、ちゃんと飛ばすには、なかなか苦労します。

研究するためにネットで調べたり、図書館で本まで借りたり(笑)

本番ではちゃんと飛んでくれるかな?

 

工作好きが遺伝した次男

この記事は、10年前に書いていたブログから復活させたものだ。

当時は幼稚園児だった息子たちも、いまや高校生。

次男は高等専門学校へ進学した。

私の工作好きが遺伝したのか、モノづくりをしたくて高専を選んだのだ。

 

彼もいつか親になって、自分の子供のために模型飛行機を作るのだろうか。