いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

まだ「令和」って1回も書いてない。このまま「令和」と書かない可能性もある

f:id:igatak:20190614145649j:plain

まだ「令和」って、1回も書いてないことに気付いた。

令和になって1か月以上たつのに、だ。

うかうかしていると、「令和」と書かずに時代が過ぎてしまう危機感がある。

 

「令和」のシステム改修に関わっている

私はIT企業に務めているので、当然のごとく「令和」のシステム改修に関わっている。

2019/5/1以降は和暦を「令和」で表記するべし、というヤツだ。

システム改修自体は滞りなく完了したが、「昭和→平成」も経験している身として、どうにも生産的な仕事ではないな、という印象だ。

正直、ITシステムは西暦に統一でいいじゃん! という気持ちもある。

 

むろん、和暦の意義や必要性も理解しているつもりだが、どうにもまどろっこしい。

会社の書類は西暦だし、そもそもワークフローシステムなので、手書きすることが、ほぼない。

そう、「令和」って書く機会がないのだ。

 

このまま「令和」と書かない可能性もある

IT化が進み、手書きの機会はどんどん減ると思う。

手書きするとしたら役所の書類だと思うが、書く機会を、あまりイメージできない。

婚姻届を書くことは、たぶんもうない。

転居届も、おそらくない。

出生届は、何か重大なインシデントが無い限り、もう書かない予定だ。

 

考えれば考えるほど、今後も「令和」と書くチャンスがないように思える。

こうなったら意地でも「令和」と書かないぞ!

などと、まったく意味のない決意をしてみたりした、令和某日の午前5時。