いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

Windowsのアクティビティ履歴を使ったライフハック

f:id:igatak:20190525133535j:plain

Windowsのアクティビティ履歴の使い方

私は普段、Windows10のノートPCを使っている。

こう見えてもITのプロなので、OSの機能はそれなりに詳しいという自負がある。

好奇心も強いので、アップデートで追加された新しい機能は、すぐに試す(飛びつく)ようにしている。

 

そんな私の最近のお気に入りは、Windows10の「アクティビティ履歴」だ。

キーボードの[Windows]+[Tab]キーを押すと「タスクビュー」が表示され、いま開いているアプリや文書ファイルなどが一覧表示される。

その下に表示されるのが「アクティビティ履歴」で、今日を含む、過去に開いたアプリや文書が時系列に表示される。

いわゆるタイムラインだ。

過去に使ったアプリやファイルやフォルダー、アクセスしたWebサイトなどを見ることができて、そこから文書ファイルなどを開いたりすることができる、とても便利な機能である。

例えば、昨日帰宅する前に開いていた企画書書きの続きをやりたい場合は、[Windows]+[Tab]キーを押して、タイムラインを昨日の夕刻頃まで遡り、企画書の文書ファイルを見つけてクリックするだけだ。

 

記録が苦手でも、過去の仕事の振り返りができる

そして…

アクティビティ履歴を過去に遡って眺めていると、たくさん履歴のある日と、そうでない日があるのに気付く。 

アクティビティ履歴=アウトプットした履歴、ではないが、「今日はいっぱい仕事したなー(アウトプットしたなー)」みたいな感覚とは概ね一致する。

つまり、日毎の「仕事した感」を振り返ることができるのだ。

しかも特別な記録作業は不要。

Windowsが、勝手に記録してくれる。

何かを記録することが苦手な私には、とてもありがたい機能だ。

 

Windowsのアクティビティ履歴の本式の活用方法は、詳しい方の書いたブログにお任せしたい。

私のブログで紹介したのは、”面倒なことを一切せずに、日毎の「仕事した感」を振り返ることができる” という、少し角度の違うライフハックだ。

お役に立てたら幸いである。