いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

キャンプ場のシャワー室にシャンプーがなかった時の対処方法

f:id:igatak:20190509082333j:plain

子供の「生きる力」に感動をおぼえたことがある。

キャンプ場のシャワー室に、シャンプーもボディソープもなかった時の話だ。

うちの長男(当時小4)の「生きる力」が、このピンチを救ってくれた。

 

家族でキャンプへ行ったとき、夕方、妻が発熱してしまった。

わりと近場だったのと、妻もそこまで体調が悪くなかったので、妻だけが自力で車を運転して帰宅することになった。

私と当時幼かった息子2人の計3人の男だけがキャンプ場に残り、テント泊をするのだ。

妻には申し訳なかったが、アクシデントが大好物な私は、この状況を密かに楽しんでいた。

 

キャンプ場での夕食を終え、シャワーを浴びて寝ることになった。

別にシャワーなんて浴びなくてもよかったのだが、どうせやることもないし、何事も経験と思い、事前にトイレを済ませたあと、キャンプ場のシャワー室へ向かった。

脱衣場で全裸になり、狭いシャワー室に3人一緒に入った。

この非日常の経験に大喜びの息子たち。

お前たち、この状況を楽しめるとは、なかなかスジがいいぞ。

 

さて、お湯も浴びたので体を洗おうと思ったが、シャワー室にはシャンプーもボディソープも置いてなかった。

ここはキャンプ場であってスーパー銭湯じゃない。

そのようなアメニティはあるはずがないのだが、危機管理能力に乏しい私には、それを予測できなかったのだ。

母がいないと子どもの清潔を維持することすらできない、ダメな父親で申し訳ない。

 

その時、長男(当時小4)が突然シャワー室を飛び出した。

もちろん全裸だ。

どこに行くのかわからないが、まさか私が全裸で追いかけたら事件性を帯びてしまうので、次男とシャワー室で待つことにした。

 

1分後、長男が満面の笑みでシャワー室に戻ってきた。

石鹸を手に持って。

長男 「トイレに行ったとき、手洗いに石鹸があったのを思い出したんだ!」

長男 「この石鹸で体を洗えばいい!」

次男 「兄ちゃん、すごい!」

きょうだい 「ブクブク、ゴシゴシ…」

 

私は感動した。

子どもの「生きる力」が、このピンチを救ってくれたのだ。

レモン石鹸の匂いを振りまきながら、私たち3人は今夜眠るテントへ戻った。

眠る前に私は思った。

「妻への最高の土産話ができた」と。