いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

アウトプットを他人に見せると、実力がつく

f:id:igatak:20190501094916j:plain

ブログを始めて気付いたこと。

自分のアウトプットを他人に見せることを意識すると、いろいろと実力がつく、ということだ。

自分だけが見る記録をつけるよりも、何倍もチカラがつく。

この記事のような雑記であっても、他人が見ると思えば表現に気を配るし、少しでも役に立つモノにしたいと努力するからだ。

 

私はTwitterもやっているが、こちらはあまりチカラがはいっていない。

ぼんやりとしたアウトプットばかりた。

それでも、まったくの「自分メモ」かと言うと、そうではない。

日々のちょっとした気付きをつぶやくときも、それなりに考えてアウトプットしている。

Twitterはとても手軽なアウトプットの手段だが、刺激と反応の間にワンクッション置くことを忘れてはいない。

 

もう一点。

アウトプットを他人に見せることで、情報交換が期待できる。

一方的にアウトプットするだけでなく、他人からのインプットが期待できるということだ。

コメントだったり、いいね!だったり、ブックマークやスターも、それにあたる。

アクセスログなんかも、非常に重要で、嬉しいインプットだ。

自分のPCのハードディスクに保存されている「自分メモ」では、こうはいかない。 

 

アウトプットを他人に見せることにはデメリットもあるが、それを超えるメリットがある。

もちろん、他人に見てもらえるだけの価値を提供することが大前提。

独りよがりにならないように自戒したい。