いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

ブロッコリーとキャベツを植えた

f:id:igatak:20190511124938j:image

ブロッコリーとキャベツを植えた。

いろいろ植えたので、畑が混沌としてきた。

作物があっちゃこっちゃで、整然と植わってない。

プロ農家さんじゃないから、楽しければ、それでいいか。

何を植えたか覚えていないと(私以外の家族が植えた場合も同様)、思いがけない野菜が収穫できた時の驚きがあって、いいかも。

 

ブロッコリーは、我が家のお弁当に欠かせない。

弁当のおかずゾーンを埋めるのに、とても重宝するのだそうだ。

妻たっての希望で、植えることにした。

家庭菜園をするにあたって、家族に喜んでもらえる要素は重要だ。

いくら本人が好きだといっても、枝豆だけ大量に栽培しても、家族から白い目で見られるだけだ。

ブロッコリーは、最初に大きいのがドンと収穫できて、その後も、脇から小さいブロッコリーが出て、ちょこちょことたくさん収穫できる。

脇からでる小さいヤツは、細くて柔らかいので、ちょっと茹でるだけで食べらる。

スーパーで買うブロッコリーとは少し違って、面白い。

 

キャベツは万能。

なんにでも使える優等生だ。

家庭菜園の場合は、あまり大きくならないうちに収穫した方が良いと思う。

欲張って大きくすると、全体的にひびが入ってしまう。

もちろん、家庭で普通に食べる分には、小さかろうが、ひびが入ろうが、なんの問題もない。

 

ブロッコリーもキャベツも、植えてすぐは、ネキリムシが心配。

今回は農薬とか使ってないので、よく観察。

もしネキリムシが見つかったら、速攻でやっつけないと。

情けをかけると、野菜がみるみる枯れてしまう。

ネキリムシの駆除に関しては、情けは不要だ。

 

畑には、まだ空きがある。

次に何を植えようか、とても楽しみだ。