いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

コンサルタントのノウハウを盗む。鉄板フレームワーク

f:id:igatak:20190503104209j:plain

 

会社の幹部会議で、以前私が問題提起した資料シリーズ。

晒してみる。

ロジカルシンキングの基本中の基本だが、わりと知らない人が多い印象。

個人的には、とても使い勝手の良いフレームワークだと思う。

  

鉄板フレームワークの活用  ~中堅社員Bさんの仕事ぶりを見て~

Bさん:

(新製品機能アップの企画書を作成中…)

私:

企画の構成を練っているところなんだろうけど、事実と解釈・仮定が混ざった箇条書きじゃあ、思考が整理できないと思うよ。

Bさん:

そうなんです。いつも頭がゴチャゴチャになって。何か良い方法はありませんか?

私:

思考のフレームワークを使うといいよ。マッキンゼーで使っている「空・雨・傘」とか。
(中堅社員なら、鉄板フレームワークの1つや2つは知ってて欲しかったな)

 

●自己流も悪くないですが、コンサルタントが使っているような「鉄板フレームワーク」を活用した方が、早く成果があがると思います。

中堅社員向けの研修カリキュラムとしていかがでしょうか。

 

 

気付き 

こういうの、会社に来るコンサルのアウトプットだけ見ている人は、気付かないかもしれない。

どういうプロセスを経てできあがったモノなのか、そこに着目すると、コンサルタントのノウハウを盗むことができる。

実際、コンサルに来る6人~7人のうち、全く話さない人が2人くらいいるのはなぜか疑問だったのだが、その2人は先輩コンサルタントのノウハウを盗むためだけに、現場(私の会社)に来ているようだ。

よく観察すると、メモをとるタイミングなどで、それがわかる。

 

どんなことでも学びのチャンスはあるな、と感じた。