いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

「W県警の悲劇」を読んだ。男はアホで、女は怖い

f:id:igatak:20190507143618j:plain

葉真中 顕の「W県警の悲劇」を読んだ。

私は警察モノ小説が大好きで、特に何も考えずに本を選ぶと、警察モノばかり読んでしまう。

家族にも「父は警察官になればよかったね」なんて言われる。

自分でもそう思うが、さすがにアラフォー世代にもなって「実は警察官になりたかったので、転職することにする」とは、家族には言えない。

シニア世代が警察官になるキャリアパスがあればいいのに。

 

そんな私が、ふとこれまでの警察モノ読書歴を振り返ると、この本のように女性警察官が主人公の話は、そう多くない気がする。

希少価値が高い。

そういう意味でも、「W県警の悲劇」は、とても楽しく読めた。

 

ネタバレしたくないので、一言だけで表現する。

男はアホで、女は怖い。

 

●W県警の悲劇 (文芸書)