いがたけブログ

挑戦に満ちた、好奇心旺盛な人生を目指しています。

子供の人生の邪魔をしてはいけない

f:id:igatak:20190405090455j:plain


「約束を果たしなさい。」

私が息子たちによく言う言葉だ。

起床時間の約束、学習量の約束、スポーツ活動の約束(主に結果に対する要求)などなど。

普段自分がやっている仕事のレベルで考えると、とても簡単な約束をしていると感じている。

しかしそれは大人目線の評価で、たかだか17才やそこらの、しかも成長の遅い男子ににはハイレベルな要求なのかもしれない。

  • 約束の目的を把握するちから
  • 計画や見通しをつけるちから
  • 約束そのものを忘れないちから(記憶、記録)

少なくとも、私自身が彼らくらいの年齢のとき「約束とはなんぞや?」なんとことは、一秒たりとも考えたことはなかった。

当時の自分には、親との約束よりも、もっと重要なことがあったのだろう。

 

とここまで書いてきて、気がついた。

私の息子たちにも、親とのウザイ約束よりも、もっと重要なことがあるのだ、と。

それが何かは、冷静になって考えればすぐに想像がつく。

彼らの人生の邪魔をしてはいけない。

そのように自分と約束した。